特許・意匠・商標の迅速な取得をサポート。沖縄県那覇市の福島特許事務所

業務内容

業務内容特許、実用新案、意匠、商標、著作権に関する相談指導、出願代理、各種審判、実施化支援など特許、実用新案は、沖縄の産業に係わりの深い、健康食品、食品加工、農漁業、土木建築などを得意としています。
小中学時代に南大東で農業を経験したことも役に立っています。化学などの特殊分野は、本土の専門の弁理士を紹介することにしています。
商標に関しては、ウチナーグチを使用したものも多数出現して来ています。私は沖縄の特殊事情を豊富に経験していますので、きっとお役に立てるかと思います。

ご依頼から出願まで

まず、ご自分の発明考案や意匠、商標などに関する先行出願などの調査をおすすめしています。出願したい内容が既に他人によって出願あるいは登録されていると、後の出願人は登録を受けられないからです。
商標は指定商品などの分類が違えば、類似しない場合も有りますので、詳しくは当事務所の商標担当者に聞いて下さい。
前記のような調査の結果、出願したい発明考案や意匠、商標などと同一又は類似の先出願などが存在しなければ登録される可能性が大きいので、出願をおすすめします。
なお、当事務所は調査会社ではありませんので、有料の調査は行なっていません。しかし、明細書に先行技術を紹介する必要がありますので、そのための調査を無料で行ないます。
登録の可能性が大きいと判断された場合は、通常は当事務所までおいで頂いて、発明考案や意匠、商標などの内容を説明していただき、弁理士が詳細な内容を理解することが、最初の作業となります。
現場を確認する必要がある場合は、 出かけて現場で発明などの内容を把握することもあります。
費用はまず着手金として約半額をいただきます。
出願人のご負担を少しでも軽くするためです。出願に要する明細書や図面の作成作業を終えて、発明者によるチェックの時点で、残金をお支払いいただきます。その後、出願となります。

出願から権利取得・消失までの流れと料金の目安

こちらが基本的な流れと料金目安になります。 手続き自体はシンプルですが、知的財産の申請には細かなルールや難解な点も多く、迅速な取得のためにも弁理士へのご依頼をオススメしております。
>こちらから全てのフローをダウンロードできます。

商標登録出願から権利取得まで

フローチャート

特許出願から権利消滅まで

フローチャート

実用新案登録から権利消滅まで

フローチャート

意匠登録出願から権利消滅まで

フローチャート

問い合わせ